缶バッジ制作 POTOM

マグカップWEBチラシはこちら→

POTOM WEBチラシ

お見積もりはこちらから

缶バッジ制作 POTOM

キラキラと光るメタリック缶バッチを正式リリース!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。缶バッチ短納期作成POTOMのスタッフAです。

先月から精力的にWEBサイトの更新を行っている缶バッチ小ロット短納期作成POTOMですが、今回はまたまた新しく商品のリリースをご案内させていただきます。

この度、メタリック缶バッチを正式にリリースいたしました。

これまでもメタリック缶バッチは作成ができていた、というか5年以上前から仕様は確定して製作もしていたのですがWEBサイト上では自動見積りに実装もできていなかったので今回のWEBサイト強化計画の中で思い切ってリリースしてしまおうとなっていたのです。

先日もお伝えした

スタンド缶バッチの自動見積り実装

アクリルキーホルダーの自動見積り実装

に続いてのご案内となります。もちろん自動見積り実装済み。キラキラと光り特別感あふれるメタリック缶バッチ作成の見積もりが簡単に確認でき、ご注文できてしまいます!

そして今日はそのシルバーに光り圧倒的な存在感を放つメタリック缶バッチの魅力を少しでも多くの方に知っていただきたくコラムを書いています。

今日はちょっと気合が入っています。それではいきましょう!

メタリック缶バッチはどんな時に作成されるか

メタリック缶バッチ(メタル缶バッチ・メタルタイプ缶バッチと言われることもあります)の需要というのはずっと前からありました。缶バッチの業界でメタリックタイプというものが出始めたのがいつ頃かといいますと。
オリジナル缶バッチがキャラクターグッズの中でトレーディングカードに変わって主役の座を担うようになった2010年頃から、銀色OPPやガチャガチャで缶バッチが売られることが増えていったのではないかと思います。

そんな中で、いわゆる「あたり」の缶バッチとして使われるようになったのがキラキラと光るメタリック缶バッチの登場の背景だったと思います。2019年の今となってはかなり一般的に認知された存在の缶バッチとも言えるかもしれません。

例えば、通常仕様を300個作成していただき、スペシャルバージョンとしてキラキラのメタリック缶バッチを30個ご注文いただくというようなケースが多いです。

手に入れた方は射幸心を満たされること間違いなしで企画として魅力を一段あげてくれる特別な仕様のグッズ、それがキラキラと光る『メタリック缶バッチ』なのです。

銀色に光るメタリック缶バッチの仕様とは

メタリック缶バッチはどのようにつくられるのでしょうか。こちらに関しては業界でスタンダードな作成方法というものはなんとなくはあるものの細かい仕様に関しては各社ちょっとした企業秘密のような工夫があるのではないかと思います。

透明フィルムにデザインを印刷します。この時にデザイン部分は反転して缶バッチの内側にくる部分に印刷することでインクが載っている部分が外気にさらされることが無いように保護するような形になっています。

メタル缶バッチフィルム表
↑表側のフィルム

メタル缶バッチのフィルム裏
↑こちら側の面からデザインを反転させて印刷しています。

メタル部分、銀色、シルバーにキラキラと光るメタリックの下地素材のものにさきほどのフィルムを重ね合わせることでこのような仕様になります。

注意点としては、黒や紺のロゴなどは下地の影響を受けませんが、それ以外の色では下地の影響を受けます。

例として↓

メタル缶バッチ人型

通常のメタリックタイプでは透明フィルムに載せるインクはフィルムの透明部分の影響を受けるつまりは下地のメタリック部分の影響を受ける為、通常モニターでつくった色味とは違った色味になるので注意が必要です。銀色が透けてみえるため、と言った方がわかりやすいですかね。

シルバー・メタリックの魅力

次に、メタリック缶バッチの魅力ですが、いわゆる一般的な缶バッチの仕様で使われてるインクにはシルバーインクというものはありませんし、だからこそなんといってもこのスペシャル感は格別です。
デザイン性とその持ってる存在感が企画そのものに影響を与えるというのがもっとも大きな特徴です。企画そのものの魅力を押し上げてくれるような仕様を持ったアイテムというのはなかなかありませんし、缶バッチを作成されるすべてのお客様に個人的にはおすすめしたいというのがこのメタリックタイプの缶バッチでもあります。

お客様のさらにその先のお客様、最終的にバッチを手にするユーザーさんにとってまさにキラキラ・ピカピカと光る特別な1個になること間違いなし、というのがこのグッズの一番の魅力です。

デザイン的に魅力を押し上げるテクニックとしては前の章であげた注意点、濃色以外は下地のメタル部分の影響を受けるとういうのをあえて利用したデザインがおすすめです。

うすい赤を背景にしたメタリック缶バッチをつくってみると・・・・

キラキラ缶バッチピンクゴールド

このようになります。色調高いメタルの輝きと薄い赤が混ざってメタリックピンクと言われるような印象のカッコいい存在感を放つ特別な缶バッチとなりました。重ねる色によって金や銅のような表現、さらに魅力を引き出せる配色の工夫が様々なパターンで可能となります。

 

 

ご注文いただくものはどのような用途のご注文が多いかと言うとやはりアニメやゲームなどのキャラクターグッズが多いです。デザイン的な特徴からロゴデザインをメタリックで、というのは多いのです。
キャラクターの顔の下地にシルバーが入るのは一見考えるとあまりないのですが、だからこそあえてそのようなデザインでメタリック缶バッチをつくられるという製作相談も最近は増えてきています。

缶バッチ小ロット短納期作成POTOMでは

今回のリリースを期に、メタリック缶バッチをもっと世に普及させるべく業界最安値価格に挑戦していきます!

このメタル仕様で他のネット店よりも1円でも高い場合はお気軽にご相談ください。内容を確認して最安値にて対応させていただきます。

通常の缶バッチ比べて仕様の細かさなどからデータ作成はもちろん、バッチ部分の製造にも少しだけ複雑さはあるので、それでももちろんPOTOMの特徴である小ロット・短納期での製造と納品はお約束させていただきます。

いかがでしたでしょうか?

細かい作り方に関して解説をしてみました。少しでもメタリック缶バッチの魅力が少しでも伝わりましたら幸いです。

どうかメタリック缶バッチの注文が増えますように!

メタリック缶バッチ商品ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デザイン方法を詳しく見る 実績 アクリルキーホルダー ブログ

営業カレンダー

営業時間 平日10:00~18:00

カレンダーで背景がくなっている日は休業日となります。いただいたメールへの返信は翌営業日となりますので、ご注意ください。